白い歯を阻む食べ物とは|色素頓着に注意

色素賃借しやすい食べ物って?

毎日食後に歯磨きをしていても、いつの間にか、くすみや黄ばみが気になり始めます。
色素沈着から白さを守るためには、まずは歯磨きがベースとなります。
黄ばみは出てきたとしても、歯磨きをするのとしないのでは、大きな差が出てきます。ホワイトニングに効果的な歯磨き粉を選ぶのも良いでしょう。
エナメル質を削らない、知覚過敏用を選ぶのもよいです。

 

こんな食べ物の後にはすぐに歯磨きを

普段から色素がつきやすい食べ物を口にしないなど、心がけることも大切です。
色素がはにつきやすい成分の代表は、ポリフェノールが豊富な食品です。体には良くても、過剰摂取は考えものです。
適度な摂取が、健康にも歯のためにもプラスに働きます。
フラボノイドは、赤ワインや紅茶、ココアやチョコレートにも含まれています。抗菌作用や抗酸化作用など、体には力を貸してくれる成分です。
カテキンは、お茶やりんご、ブルーベリーなどに含まれています。
血中コレステロール低下や、高血圧予防作用もあります。イソフラボンは、豆腐や納豆など、大豆製品に含まれている成分です。
美肌効果や更年期障害改善など、効果を発揮すると言われています。
アントシアニンは、ブルーベリーやブドウなどに含まれていて、コラーゲン安定作用、疲れ目解消毛、細血管保護作用などに効果を発揮します。
ポリフェノールを多く含む食品は、健康にも良い効果をもたらしますから、摂取する量と頻度にも気をつけながら、適度に利用することです。見るから色が濃い食品も、過剰摂取にならないようしましょう。
しょう油やカレー、ケチャップやソースも、色素沈着の要因となりますから気をつけましょう。
歯が色素沈着するのは、少しずつの積み重ねによるものです。黄ばみなどを事前に防ぐために、予防対策をすることも大切です。
色素沈着除去可能な成分入った歯磨き粉を使うのも良いでしょう。
色の薄い食品を食べるようにするのも、ひとつの方法です。白菜や大根、白身魚やご飯などです。歯を白くするためには、チーズやごま、パパイヤや人参なども、白さをサポートしてくれます。