歯科矯正とホワイトニングの関係

歯科矯正とホワイトニングの関係について

歯科矯正とホワイトニングは、切っても切れない関係にあります。
歯科矯正については、歯並びを改善することで見た目を綺麗に整える効果があるのですが、ホワイトニングについても、歯の色を調節することにより、見た目を改善していく効果があるのです。
どちらの施術にしても、一般歯科ではなく矯正歯科や美容歯科で受けられる点も共通になっています。

 

さらに、歯科矯正を行うときにホワイトニングの施術を受けるようにすれば、歯の状態も大きく改善してくることになります。
ホワイトニングは、歯の表面の色素沈着を取り除くだけではなく、表面や隙間についてしまった汚れを取り除くことも可能です。
表面についた汚れを放置しておくことで、歯垢も溜まってしまいますし、歯の隙間に存在する雑菌をそのままにしておくことで、虫歯や歯周病を発症させる原因となってきます。
歯に汚れや菌が付着している状態で歯科矯正を行っても、雑菌の存在により口内のトラブルが起こりやすくなるのです。

 

歯科矯正では、歯並びの改善なども行っていくことになるのですが、その目的として見た目の問題だけではなく、虫歯など口内の疾病を防止する目的も兼ねています。
ホワイトニングの施術を受けることで、歯科矯正を行った時に雑菌の繁殖を防止できるようになり、将来的に歯の健康を守りやすくなってくる効果があるのです。
歯の色が黄ばんでいるなど、歯の見た目にこだわる方も多くなっていますが、それだけではなく口腔内の衛生管理の面でも有効となってきます。
ホワイトニングを受けることで、今後起こり得る口腔内のトラブルも防止できるということを意識したうえで、施術を受けてみるとよいでしょう。

 

普段から口腔内の状態に対しての意識を高めておくことにより、見た目も大きく改善できるようになってきますし、ほかの治療と組み合わせることにより、歯の衛生管理を徹底できるようになり、年齢を重ねても健康な歯を維持できるようになってきます