歯科医が勧める正しい歯磨きの方法とは

正しく歯を磨いていますか?

毎日の歯磨きはとても大切なことです。ほとんどの人が毎日歯を磨いていますが、磨いていると磨けているというのは違います。
現に毎日歯磨きをしているのに虫歯や歯周病になっている人も多いのです。
歯が痛くなってからや歯周病が進行して手遅れの状態になる前に定期的に歯科医院に通うことをおすすめします。

 

歯科医院に行くと正しい歯磨きの方法を教えてもらえます。正しい歯磨き方法は一度覚えると簡単にできますのできちんと実践することが大切です。
長年の習慣やくせがありますので同じ個所ばかりを磨いてしまいがちですが、いちから覚えなおすくらいの気持ちで始めると良いでしょう。

 

まず歯磨きをする回数ですが、可能であれば食後すぐに磨きましょう。
食べ物のかすが歯垢を作り、その中の細菌が歯をとかしたり、歯周病の原因菌になってしまいますので、できるだけ早く汚れを落とすように心掛けましょう。
歯ブラシは比較的ブラシの部分が小さいものを選びます。
小さい方が奥まで届きやすいですし、細かく動かしやすいです。
また毛先が広がってくれば交換するのはもちろんですが、広がっていなくてもブラシ部分は耐久性がおちていますので一か月を目安に交換しましょう。

 

歯磨きの方法ですが、磨く順番を決めます。あちこち磨いてしまっていると飛ばしてしまう箇所もでてきますし、磨き癖がありますので同じ場所に汚れが残りやすいのです。

 

45度の角度が基本

 

自分で順番を決めてその通りに磨きます。歯ブラシは鉛筆を持つように握り軽い力で磨くようにしましょう。
力を入れすぎていると歯茎を傷つけてしまったり、歯が摩耗してしまう原因になります。歯ブラシは歯茎にむけて45度くらいにあてると歯茎の下の汚れも落ちやすいです。
細かく微振動させるように意識しましょう。
力の入れすぎや、大きい動かし方は禁物です。はじめは慣れないかもしれませんが、一本ずつ磨いていくくらいの気持ちで動かすと上手に磨けます。しっかりと磨いたあとはデンタルフロスを通したり、隙間がある人には歯間ブラシもおすすめです。