歯科でのホワイトニングの効果は?

歯科でのホワイトニングの効果は?

歯科でのホワイトニングでは、黄ばんでしまった歯の色を白く出来る効果があります。
色の濃い食品を長く食べていたり、喫煙の影響によって、知らない間に歯に色が染み付いてしまいますが、歯が黄ばんでしまうことで清潔感がなくなってしまいます。
歯のホワイトニングを行うことにより、黄ばんでしまった歯の色も白く改善することが出来、清潔感を得られるようになるのです。

 

歯の色が白くなることで、歯を見せて笑うこともでき、精神的なコンプレックスも解消できるようになるでしょう。

 

また、クリニックでホワイトニングを受けることで、歯の摩擦を防止できる効果も得られやすくなってきます。

 

市販の歯磨き粉を使った場合でも、歯の色を変えていくことはできるのですが、商品によっては成分として研磨剤が含まれているため、歯の表面に傷をつけることになってしまいます。
表面に細かな傷がついてしまうことで、そこから菌が侵入しやすくなり虫歯の原因となってしまうのです。

 

ホワイトニングでは、歯の表面に負担をかけにくい専用の液剤を使っていくため、歯に対しての摩擦を極力抑えることが可能になってきます。
歯の表面を削る心配なく白くすることが出来ますので、虫歯の問題も感じにくくなってくるでしょう。

 

虫歯防止の効果も・・・

 

歯科で受けるホワイトニングは、ただ歯の色を変えていくだけではなく、ダメージを防止できる効果があるのですが、ホワイトニングの方法によって積極的に虫歯を防止しながら歯の色を調整していけるようになってきます。
最新の技術により、歯の色を漂白しながら歯の強化も行えるようになるため、虫歯ができやすい方や、歯がもろい方もその悩みを解消しやすくなるのです。
虫歯によって、度々歯科で治療を受けている方でも、歯の強化を行えるホワイトニング施術を受けることにより、治療を受ける必要がなくなってきますし、治療の一環として削る必要がなくなるため、自分の歯を健康な状態で長く保てるようになるでしょう。