歯科でのホワイトニングの方法

歯科でのホワイトニングの方法は?

歯科でのホワイトニングについては、いくつかの種類も存在しています。
ホワイトニングについては、大きく分けて、オフィスホワイトニングと、ホームホワイトニングという方法があり、それぞれに特徴が異なってきます。

 

オフィスホワイトニングとは

 

オフィスホワイトニングでは、歯科医院に通って施術を受けることが出来、早くその効果を感じることが可能です。
歯科医院では、医師が直接施術を行うことが出来るため、使用する薬剤の濃度も高くなっていますし、薬剤を歯に塗った後に特殊な光を照射することで、歯の漂白を行えるようになるのです。
出来るだけ早く、歯を白くさせたい方に適した方法となるでしょう。

 

ホームホワイトニングとは

 

一方、ホームホワイトニングでは、自宅で施術を行うことが可能になってきます。
自宅での施術では、マウスピースを製作し、そこに液剤を流したうえで装着していく方法となっています。
マウスペースを装着するだけと簡単になっているため、歯科に通うことなく歯の色を変えていきたい方でも行いやすくなってきます。

 

自宅で施術を行う為、利用できる液剤の濃度も低く保たれており、効果の表れ方はゆっくりとなってきますが、じっくりと歯を漂白できるため、効果の持続時間も長くなってくる特徴があるのです。
ホワイトニングについては、歯科で施術を行うだけではなく自宅でも施術を行うことが可能になっているのですが、両方を組み合わせることで施術を行うことも可能になります。
歯科での施術とともに自宅でもケアを行うことで、早くホワイトニング効果を得られやすくなりますし、自宅でじっくりと液剤を浸透させることで、色が戻ってしまうことも防止できるようになるのです。
この施術を行うことで、得られるメリットも大きなものとなってきますので、迅速に効果を得たい方や、その効果を持続させたい方は、施術を受けてみるとよいでしょう。
歯を白くするための施術には種類が存在しています。
施術を受けるときには、それぞれの特徴を理解して適した方法を選択してみるとよいでしょう。