ホワイトニングの安全性は?

歯科でのホワイトニングの安全性について

ホワイトニングを行えば、歯の色も白く改善させることが出来ます。
ただ、ホワイトニングを行うときには、専用の薬剤を歯に塗っていくため安全性も気になってしまうでしょう。

 

今現在クリニックで利用されているホワイトニング剤については、歯や体に対しての悪影響の心配がないものになっているため、安心して使うことが出来るのです。
クリニックで利用されている薬剤については、国内ではもちろん海外の研究機関でも体に害がないことがわかっています
歯に影響が出てきたり、使用することで体調悪化が起こる心配もありませんので、安心して施術を受けることが出来るでしょう。

 

ただ、体に対しての影響がないことは事実としても、液剤の濃さによっては施術を行った時に知覚過敏などの問題が現れる場合もあります
知覚過敏については、一時的な症状になりますが、元々歯がもろい方や刺激に弱い方は、医師に相談したうえでホワイトニングを受けるようにしましょう。
医師の管理の元、口腔内や体調を確認したうえでホワイトニングを行う限りは、体に対しての安全性が確保されていますが、医師の診察を受けることなく液剤を使ってホワイトニングを行ってしまうと、歯のトラブルを招くことになりますので、十分に注意しましょう。

 

ホワイトニングの液剤を購入し、自分で施術を行った場合、歯の状態にあった形でケアを行うことはできません。
歯の状態によって液剤を付けたときに刺激を感じてしまうこともあり、トラブルの元となってくるのです。

 

また、虫歯がある方や歯周病がある方については、液剤を塗ることで強い痛みを感じてしまったり、歯周病の状態も悪化しやすくなるため、施術を受ける前に口腔内の診察を受けておく必要があるのです。
歯科医院に長く通っていない時期がある方は、虫歯や歯周病が隠れている可能性が出てきますので、安全性を確保するためにも自分でケアを行うのではなく、クリニックで施術を受けるようにしましょう。