【ホワイトニング歯磨き粉】おすすめ比較

今人気の歯ホワイトニング歯磨きって?

「白い歯っていいな〜」というCMがずっとずっと昔にありましたが、本当に白い歯っていいですよね。
テレビで芸能人などを見ると、みんな歯がきれいです。

 

あなたの歯はどうですか?

 

私も歯の黄ばみや色素の着色には悩んできた一人。
とっても鏡を見て「うわー、これはまずい!何とかしなくちゃ!」と思って必死に歯磨きをするんですが、あまり効果はなく・・継続もせず・・・そしてまたしばらくして鏡を見て・・「うわー」となるの繰り返しだったんですが・・・。

 

歯医者に歯の治療で行くと、ホワイトニングの施術の案内が出ていていいなあと思うのですが、そこまでではなく何とか自宅で自分で歯のホワイトニングをできないものかな〜と思っていろいろ調べた結果が「ホワイトニング歯磨き粉」でした。

 

数年前に一時ブームになり、私も購入したことがあったのですが、その後いろいろなメーカーが参入し、今では当時と比べものにならないくらい多くの商品が出ています。
当サイトでは、その中でも特におすすめのホワイトニング歯磨き粉を紹介しています!

 

ぜひ、あなたも白い歯を!

 

 

人気のホワイトニング歯磨き粉おすすめベストランキング

 

 


歯磨きは毎日の大事な体のお手入れです。食べ物を少なくとも一日三回は口にするため、歯はそれらの色素の影響を受けます。
歯が黄ばんでいる気がするという方、磨くタイミングや歯磨き粉の選び方でこの着色を解決していきましょう。

 

ホワイトニングについては、専門医のもとで傷のつかないクリーニングをお願いするのが一番ですが、その効果を持続させるためには家でのケアも必要です。
まず黄ばみを防ぐ基本は、口の中が乾かないようにすることです。
鼻炎などで口呼吸が癖になっていると、口の中が乾きやすくなって唾液の量が追い付きません。

 

歯についた食べ物は本来は唾液で自然に洗い流されるはずなのですが、現代では空気の中に不純物もありますし、口も鼻も汚れやすく、そのため鼻炎を発症してますます口呼吸が増えてしまうという悪循環になっています。意識的に口を閉じ、鼻炎を誘発する脂肪分や糖分・コーヒーやアルコールなどの量を控えるようにすると、遠回りかもしれませんが口腔内の健康も取り戻すことができます。

 

唾液の分泌が追い付かないために歯に沈着しやすい色素というのは、食べ物ではコーヒーやお茶類、ワイン、チョコレート、カレーなどであり、喫煙される方はヤニがつきやすいと言われます。
摂取したらなるべく早めに磨くといいとされますが、今度はあまり摩擦しすぎると歯に傷が増え、さらに色素が沁み込みやすくなるという悩みに転化します。
そこで回数を抑えて効率的に磨けるホワイトニング用の歯磨き粉を用意しますが、研磨剤の入っていないもの・少な目のものを選ぶとよいです。研磨剤によっていっときは汚れが取れても、歯の表面に残る無数の小さな傷がその後の着色を助長させてしまうためです。

 

ホワイトニング専門の歯科医は研磨剤の配合されていない薬剤で磨いてくれることが多く、実際に治療を受けると、仕上がりがつるつるになっているのがわかります。
家でのケアは市販品の選び方のセンスが問われます。医師に相談したり、各種薬剤の配合を自分で読んで調べてみたりと、ホワイトニングの実現のためにできることを少しずつ始めてみましょう。

更新履歴